ディズニー英語システムの使い方進め方

0~2歳ぐらいのお子様のDWEの進め方

0歳~2歳の赤ちゃんのDWE教材の進め方の一例をご紹介します。
参考の一つとして読んでみてください。
楽しく2000時間の英語環境を作る→自然に英語が出てくる

0~2歳のお子様 私のお勧め教材
プレイアロング プレイアロング  プレイアロングとは?
ストレートプレイDVDストレートプレイDVD ストレートプレイDVDとは?
シングアロングシングアロング シングアロングとは?
ペッピーキッズDVDシングアロング ペッピーキッズDVDとは?
グースキーの冒険DVDシングアロング グースキーの冒険とは?
ワールドワイドキッズシングアロング ワールドワイドキッズとは?DWEとの違い

子供が英語を全くいやがらない時期・・英語のインプットの絶好のチャンス!
【0カ月~6カ月ぐらい】
0歳児の赤ちゃんは歩き回ることはできません。
テレビを見ることもできませんのでCDを中心にかけ流ことでいいと思います。
プレイアロングのCDや、シングアロングのCDからスタートがいいのでは。。と思います。
たまに、英語のCDやDVDばかり見せて、親がほとんど日本語で話しかけないという人がいます。
それは、絶対にやめた方がいいと思います。
普通に、赤ちゃんに優しく日本語で話しかけてあげれば、赤ちゃんは、家族が話す日本語・DWEの英語の両方がインプットされていきます。
日本語で、全く話しかけないと、日本語がしゃべれなくなってしまいますので要注意です。
英語はできるだけBGM(バックグラウンドミュージック)としてかけ流すといいと思います。
この時期は、英語のかけ流しに対して、子どもが全く嫌がらないので、英語ののインプットのいいチャンスです。

【4カ月~1歳ぐらい】
4カ月~1歳ぐらいにはお座りをし、ハイハイし始めます。
このころは、テレビの長編の映像は見ませんが、コマーシャルなど 短く、コロコロ変わる映像は、をじっと見るようになります。

うちの子は、この頃からDVDを見せ始めました。
シングアロングDVD簡単なブルー1~3や、プレイアロングDVDズイッピーの歌や踊りのDVD(同じズイッピーでも、お話のDVDは、まだ早いと思います)・ペッピーキッズのDVDグースキーの冒険のDVDなど飽きずに見ていました。ワールドワイドキッズ は、うちの子が小さいころは販売されていませんでしたが、いい教材だと思います。

特にプレイアロングのDVDは、赤ちゃんが喜ぶようにうまく作られており、プレイアロングの中の お母さんが赤ちゃんと遊んであげている映像と同じように遊んであげると、すごく喜びます。
アップ&ダウン赤ちゃんを上げ下げしたりしたり、ピカブーいないいないばあ、おへその周りをクルクルなど、すごく喜びますし、おもちゃ遊びの映像も喜びます。
DVDに出てくるおもちゃと同じ、実物のおもちゃで遊んであげると、余計に喜びます。
プレイアロングは、私の子育ての中の楽しい思い出の中の一つでもあります。

プレイアロングとは?
ストレートプレイDVDとは?
シングアロングとは?
ペッピーキッズDVDとは?
グースキーの冒険とは?
ワールドワイドキッズとは?DWEとの違い
【1歳~2歳ぐらい】
1歳~2歳は、活発に動き回るようになります。言葉も出始めます。
うちの子3人のうち1人は、初めてしゃべった言葉は、英語でした。すごく発音が良くて驚きました。
3人とも発音がすごくいいです。もちろん日本語も普通にしゃべれます。
この頃は歌に合わせて踊ったり、拍手したり、飛び跳ねていました。
シングアロングDVDの簡単なブルー1~3や、プレイアロングDVDズイッピーの歌や踊りのDVDペッピーキッズのDVDグースキーの冒険のDVDワールドワイドキッズ などのりがよく、コロコロ映像が変わるようなDVDが勧めです。
(この頃は、まだ、長いお話はのDVDは、飽きてしまって見ませんでした。)

まとめ
子供は2,000時間~4000時間の言語のインプットでその言語を話せるようになると言われているので、
2,000時間~4000時間目指して頑張りましょう!
でもこれはノルマではなく、楽しんでいるうちにいつの間にかクリアしてしまいます。
親が英語を教えちゃダメ!と言われました。
親は子供に英語を教える必要はなく、普通に日本語で話したりすると共に、日本語で絵本を読んであげたりすることも必要だと思います。
逆に、親が下手くそな、日本語英語で英語を教えてしまうと、子供が、日本語英語を身に着けてしまうといけないので、「親は英語を教えないでください。」と言われました。

0~2歳児のDWEの進め方
2~3歳児のDWEの進め方
3~6歳児のDWEの進め方

DWEの使い方の例 クイックスタート(年齢ごとのステージの解説)

年齢 使用する教材 進め方
0

2
・プレイアロング
・シングアロング
・ストレートプレイDVD
基礎作り ①英語になれる 2000時間の英語環境を作る
プレイアロングは、歌にあわせて対応するおもちゃで遊んであげます。
シングアロングとストレートプレイDVDは4色どれを見せても可。
難しい文法が入っていても、赤ちゃんは自然に聞き取っています。
BGM感覚で書け流すことで、英語環境が作られます。
DWEクイックスタート(年齢ごとの教材の使い方ステージの解説)より


CDやDVDのかけ流しがすごく大事だと思います。

赤ちゃんは お母さんが頻繁に話しかけてあげたり、周りの人がしゃべっている日本語を たくさん聴き、自然と言葉を覚えます。
たとえば1日3時間、日本語に触れたと仮定すると、2歳になる頃には日本語が約2000時間分インプットされたことになります。(ちなみに 3歳までに触れる時間は6000時間といわれています。)
英語もそれとと同じです。
毎日、英語に触れることで自然と身についていきます。
そのため、重要になってくるのがCDやDVDのかけ流しです。
最低、2000時間ぐらい、CDやDVDをかけ流しするといいと思います。

ディズニーの英語システムならば、毎日遊びながら、楽しみながらをインプットできるのでとてもいいと思います。
うちの子も2000時間ぐらい英語のかけ流しをして、英語が口からついて出てきたと思います。
それと、CDで耳だけで聞く教材だけでは、限界があります。
目に入ってきた視覚と読み(発音)が一致しなければならないので、DVDやカード・絵本なども利用した方がいいと思います。
その中で一番手っ取り早いののがDVDです。
ディズニー英語システムのDVDは、は「apple」というように 日本語で説明しなくても分るように作られていますので、
見ているだけで、視覚と発音が一致するようにうまくできています。(ただ、DVDの見せすぎにはご注意を。)

トークアロングも、視覚と発音が一致するように うまく作られていますので、楽しく遊びながら いつの間にか理解できるようになってくると思います。
私なんかは、英語を聞くと、頭の中で一度日本語に訳してから対応していますが、
うちの子を見ていると、日本語を介さないで英語は英語として理解していると感じます。
しかも、DWEは、大人が習うと難しいと感じる文法まで、自然と身につくようにできている 優れものです。
DWEで身に付く英文法はこちら
DWEとフォニックスについて DWEの単語は意外と少ない


↑ PAGE TOP