ディズニー英語システムの使い方進め方

ディズニー英語システムで、ちょっと足りないかな
・・と思う部分

1、ディズニー英語システムには、フォニックスが入っていない。

「ディズニー英語システムにフォニックスは入っていますか?」とよく聞かれるのですが、DWEにはフォニックスは、入っていません。
私の考えでは、乳幼児にはフォニックスは早すぎると思います。
(ababフォニックスDVDや、色々なDVDで、幼児でも分かりやすく視覚と音声で遊びながら見せるものは別として)
日本語では「あ」という文字には「あ」という発音しかありませんが、
英語では「A」という文字には色々な発音があります。
英語の文字と発音の関係、法則を学ぶのがフォニックスです。
英語圏では5,6歳からフォニックスを教えているそうです。
日本でも フォニックスは、音声で英語が理解できるようになり、アルファベットが読めるようになり、理屈や法則などを理解できるような年齢になったお子様には とても有効だと思います。
私も、子供が生まれてからフォニックスのことを知り、もっと早く(中学の英語の授業で)知りたかったと思いました。
そうしたら、英語の勉強がもっとよくできたのではないかと思いました。
英語の文字と発音に関しては、法則があるということは気づいていましたが、その法則に関する専門の学習方法があると知り、目からうろこのような感じでした。

ディズニー英語システムは英語環境で子供を育てることが目的でなので、まず、DWEで基礎を作ってあげてから、その後、フォニックスの学習をはじめてもいいと思います。 フォニックスが入っている教材

2、ディズニー英語システムの単語数は、意外と少ない。

ディズニー英語システムは、全部終了すれば英検準1級ぐらいの文法がマスターできるといわれていますが、単語数は、圧倒的に少ないと思います。
DWEブックのすべての単語あわせて1550個。シングアロングで830個だそうです。(重複あり)
特に、子供にとって身近な英単語が ずいぶん足りないと思います。
例えば、、、家の中にある物、曜日の名前、月の名前、職業、食べ物、飲み物、体の部分、病院や警察、お店や公園、スポーツの名前、植物や動物の名前  etc・・・・・
DWEの副教材、ジッピーシリーズや、他の教材で補った方がいいと思います。
ペッピーキッズクラブセットや、モラモラ七田式のパルキッズなどは 単語数が多いのでお勧めです。
その他にも 色々な英語教材を併用することで、補えると思います。

3、ディズニー英語システムはオールイングリッシュなので、
年齢が高いお子様は嫌がる場合があります。

ディズニー英語システムは、オールイングリッシュの教材なので、3歳以上で日本語が達者になってしまったお子様は、いやがる場合があります。

大人も、映画を見るとき、全く知らない言語で 日本語の字幕も出なければ、見る気がしないですよね。

それと同じで、日本語がかなり身についてしまっているお子様は、全く知らない言語のDVDやCDを聞きたがらない場合があります。

うちの子は0歳から英語を聞かせていたので、アメリカ製の英語アニメを見せても楽しんで見ていますが、
子供の友達が来た時に、アメリカ製のDVDを見せた時「日本語のDVDじゃなきゃいやだ」と言われました。
DWEの学習は、3歳以上のお子様でも充分できると思うのですが、お子様が嫌がるようなら やっても意味がないと思うので、3歳より前に、なるべく早く始めるといいと思います。

オールイングリッシュの教材をいやがるお子様はペッピーキッズのDVD版などのように、日本語と英語が両方出てきて、楽しいDVDなどお勧めです。

4、ディズニー英語システムは、日常会話が意外と少ない。

ディズニー英語システムをお使いになった方は、感じる方が多いかもしれませんが、文法は英検準1級まで行くのですが、意外と、日常会話が少ないと思います。
日常会話も、他の教材で補った方がいいと思います。
以外と日常会話が多い教材 ペッピーキッズDVDや、ワールドワイドキッズもお勧めです。



↑ PAGE TOP